インターネット刑事犯罪研究
昨日の刑事事件の判決は、貨幣圏の注目度が高く、各種情報サイトやメディアから次々と転送されました。token事件は一ヶ月前に刑事弁護のために必要で、wotoken事件に関する判決内容を整理したばかりです。plustoken事件の一審は塩城経済技術開発区人民法院が審理しました。wotoken事件の一審は浜海県人民裁判所が審理しました。二期の判決は全部塩城市中級人民裁判所が下したものです。皆さんと簡単にこの二つの事件の話をします。判决は元の円圏刑事事件とは异なります。トレイ一、塩城市関連物価局が仮想数字通貨に関与した価格認定結論
plustoken事件の二審刑事裁定書に「PlusToke」と表示されています。nプラットフォームは、会員から納付されたビットコイン(BTC)314211.228537213個を受け取り、ビット現金(BCH)117450.1465468個、ダセ貨(DASH)96023.96242641個、ドッグコイン(DOGE)1106064.953個、ライトコイン(LTC)1846.533326個、イーサー坊(ETH)919174.948個、柚子9172.448個。塩城市物価局価格認定センターの認定によると、2018年5月1日から2019年6月27日までの期間の最低価格で計算し、上記8種類のデジタル通貨は人民元148××××8037.50元に換算した。train.いますotoken事件の二審刑事裁定書によると、「2019年10月30日午後、李国民は被告人李奇兵の二台の携帯電話の中に、犯罪によって得られたデジタル通貨ETHがあることを知っていて、依然として被告人の李奇兵を助けてETH 49752.3737を隠します。濱海県物価局の価格認定センターを通じて、ETHは2019年10月30日の価格は人民元1299.0779元/個で、合計で人民元646432091.15元になります。
ご存知のように、94年の監督管理以降、国は仮想デジタル通貨の法的補償性を認めていないため、多くの刑事事件がデジタル通貨に関連して価格認定ができないため、コンピュータ情報システムのデータなどを不正に入手して犯罪容疑者の刑事責任を追及することができます。格認定」の共通認識。について仮想デジタル通貨価値認定については、大多数の判決の中で次のように述べられています。現在の司法判例の主流の観点から、「第一、被告人が使用している仮想通貨は通貨に属さず、「資金」と認定できません。中国人民銀行、工業・情報化部、中国銀行業監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、中国保険監督管理委員会が発表した「ビットコインリスク防止に関する通知」では、仮想通貨は特定の仮想商品であり、通貨と同等の法的地位を持たず、通貨として市場上に流通して使用するべきではなく、法償性や強制性などの通貨属性を持たず、本当の意味での通貨ではないと明確に規定されています。この規定は我が国の金融監督管理部門の仮想通貨に対する定性を表しています。すなわち、仮想通貨は通貨ではなく、その相応の表現形式はもちろん資金でもありません。第二に、仮想通貨は仮想商品、仮想財産であり、現在の法によると律では刑法の意味上の「財物」とは認められないことを定め、仮想通貨と刑法の意味上の金銭財物などの有形財産、電気ガスなどの無形財産には明らかな違いがあり、仮想通貨は実物ではなく、現実世界にも入り込めない。第三に、仮想通貨は実質的に動的なデータの組み合わせであり、コンピュータ情報システムのデータと見なされ、仮想通貨は特定のアルゴリズムに基づいて大量の計算によって生成され、それ自体は電子データに属する。第四、既存の法律により盗取等の不法手段により仮想財産を取得する行為をコンピュータ情報システムのデータを不正に取得した罪と認定しなければならない。認定するコンピュータ情報システムのデータを不正に入手するため、この意見により、被告人は会社の同意なしに会社の電子マネーに無断侵入して会社の仮想通貨を使用する行為は、コンピュータ情報システムのデータを不正に取得したと認定することが望ましい。
今では貨幣圏は取引所のものであろうと、財布を作るものであろうと、資本金盤を使ってマルチ商法をしているものであろうと、刑事リスクを解消するために、最低ラインを守っています。即ち、法貨取引に従事しません。お金を引き出す方法がありません。結論書を決めます。これは将来の刑事司法界の主観的観点ではないですか?貨幣圏を打撃する刑事犯罪の新しい常態を形成することができますか?もし、円圏にどのような刑事法的リスクがあるかは説明するまでもないと思います。
本件では、公開されている刑事判断書の中から、価格認定の結論書と司法会計検定書に対する弁護意見を見ても、裁判所はこれについて論述していない。少し残念なことに、ネット刑事犯罪、特に貨幣圏事件に関わって、電子物証鑑定、司法会計鑑定に対して弁護と品質証明書を行うことは非常に異議がある。より深く理解し、理解が不十分な場合、関連する鑑定意見は完全に閉ループを形成しないかもしれない。トレイ二、事件に関わるデジタル通貨の処理
.昨日のplustoken事件がクリーンアップされたのは、関連するタイトル党の報道にも関係があり、多くの報道に「違法所得42億ドルを国庫に納めた」「19万円を国庫に納めた」などの内容があり、貨幣圏の微信グループの中で「国家チームがディスクを壊した」という話が流れています。本を何度も読み返したところ、次のようなことが分かりました。ケース:1.plustoken事件の第二審刑事裁定書の中で言及しています。調べによると、陳波は塩城市公安局に対し、北京知帆科技有限公司に委託して法により公安機関が押収したデジタル通貨を売却し、すべてのお金を盗品の解凍金として申請した。原審裁判所はこれに基づいて、陳波が一部の金を脱退したと認定し、情状酌量について軽く処罰する。2.wotoken事件の二審刑事裁定書で「デジタル資産処分は契約書の一部を現金化する。事件を証明した後、李被告は公安機関に協力して盗品を追納した。
上記の状況によると、関連するデジタル通貨の盗品処理は、犯罪容疑者が公安機関に申請し、関連会社と契約を結び、関連会社に公安機関が押収したデジタル通貨を現金化して処分し、処分したすべての金額を容疑者の収賄金とします。これで説明します。数字にかかわる商品です。貨幣はとっくに現金化されています。いわゆる「落とし」は心配しなくてもいいです。事件の仮想デジタル通貨処理において、司法機関は本件の処理方式において非常に明るい点を有し、全国司法機関に新たな構想を提出しました。全体の処理過程において、司法機関は主体として関与しておらず、犯罪容疑者と第三者会社に委託して処理します。
七つの委員会が共同で発行した「貨幣発行の融資リスクに関する公告」によると、「貨幣発行融資に使用されるトークンまたは「仮想通貨」は通貨当局から発行されず、法償性や強制性などの通貨属性を持たず、通貨と同等の法的地位を持たず、通貨として市場上に流通して使用されてはならない…本公告が発布された日から、いわゆるトークンファイナンス取引プラットフォームは、法定通貨とトークン、「仮想通貨」の相互間の両替業務に従事してはならず、売買または中央のライバルとしてトークンまたは「仮想通貨」を売買してはならない。代理貨幣や「仮想通貨」のための定価、情報仲介などのサービスを提供してはならない。どこでフランス円の取引が行われますか?「公告」の規定に違反していますか?弁護の角度から言えば、数字の貨幣価値の変動が大きいため、第三者の会社はいつ換金して直接に換金額のいくらを決定しましたか?トレイ三、貨幣圏の刑事弁護の認識
私は去年初めから貨幣圏の刑事事件に関心を持ちました。今まで二年間になりました。ここでも何回の弁護と権利擁護の案件を引き受けました。やはり一定の効果があります。貨幣圏の事件です。一番難しいのは法律の言語と司法機関で貨幣圏のことを説明することです。例えば、私のかつての当事者は調書で「トレーダーが来て、お客さんの注文書を食べたいと言いました。同意します」という言葉は理解しています。その本質はお客様の相手を作ることです。しかし、司法機関の立場から言えば、「お客様の注文書を食べます」ということは、捜査員に主観的にあなたの行為に問題があると思われます。これはごく普通の言葉ですが。例えば、私が引き受けたコンピューター情報システムのデータを不正に取得した罪の弁護事件の中で、記録資料から見ると簡単です。つまり、容疑者が不正に入手したデジタル通貨を人民元に両替したということです。しかし、この過程は取引の中でとても複雑で、簡単なフランスドルの取引記録です。請求書の記録、貨幣取引記録、法貨取引記録は、取引相手、取引類型、c 2 c開放区への転出、貨幣転出、資金口座への転入転出などの記録が含まれています。取引全体と具体的な項目と担当者だけがはっきりと説明します。TIMEOUT}。train.